ここから本文です

『どうでしょう』鈴井貴之氏、今年2月に離婚していた 連名コメント発表

3/29(水) 12:36配信

オリコン

 北海道発の人気バラエティー『水曜どうでしょう』の企画・出演者であり、舞台演出やドラマの監督、大泉洋などが所属する事務所の会長など幅広く活躍している鈴井貴之氏が、妻で事務所社長の亜由美氏と今年2月1日に離婚していたことが29日、わかった。

鈴井貴之のプロフィール

 2人は所属事務所を通じて「この度、夫婦という枠やしがらみにとらわれない関係に戻ろうということで籍を戻しました。それぞれ会社を離れるわけでも役職を辞するわけでもありません」と連名でコメントを発表。

 今後に向けて「今まで通り、これからもプレイヤーとプロデューサーとして協力し、北海道のエンターテイメントを盛り上げて参りたいと考えております」と思いを明かした。今後、亜由美氏は旧姓の伊藤亜由美の名で活動する。なお、離婚届を提出した2月1日は会社の設立記念日であり、「創業当初の気持ちを忘れない」という意味も込められているという。

 所属事務所のファンクラブ会報の最新号では、2人が事務所設立25周年を振り返る対談が掲載され、離婚についても自らの口で報告。今後はプレイヤーとプロデューサーとして、より一層リスペクトしながら活動していくことを約束している。

 2人は1992年に「CREATIVE OFFICE CUE」を設立後、結婚。大泉や戸次重幸らTEAM NACSの面々が加入し事務所が拡大するにつれ、亜由美氏もテレビ出演や講演活動などを行うように。当時の肩書の副社長から「副社」の愛称で親しまれていたが、2012年に亜由美氏が事務所の代表取締役社長に、それまで社長だった鈴井氏は会長に就任した。

最終更新:5/29(月) 12:57
オリコン