ここから本文です

「てるみくらぶ」内定取り消し50人、厚労省が緊急の相談窓口を設置

3/29(水) 14:38配信

弁護士ドットコム

破産手続き開始の決定を受けた旅行会社「てるみくらぶ」をめぐり、厚生労働省は3月29日、同社にこの春入社予定で内定を取り消された人を対象に、緊急の特別相談窓口を東京と大阪の「新卒応援ハローワーク」内に設けた。

てるみくらぶは3月27日、資金繰りの悪化で営業の見通しが立たないとして、破産手続きを申し立て、開始の決定を受けていた。同社は同日、この春に入社予定の内定者50人に対して、内定取消しを通告していた。

こうした状況を受けて、厚労省は、てるみくらぶの内定取消者を対象に、特別の相談窓口を設置して対応にあたる。個別の就職支援(ニーズにあった求人情報の提供)や求職活動に役立つセミナーなどを実施するという。

厚労省・若年者雇用対策室の担当者は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「この時期に大量の内定取り消しが発生することは異例で、緊急に対応しなければいけない必要性が生じたため、相談窓口を設置することになった」と述べた。

特別の相談窓口は、東京新卒応援ハローワーク(03−5339-8609)と大阪新卒応援ハローワーク(06-7709-9455)。厚労省は、その他の地域でも相談を受け付けており、最寄りの新卒応援ハローワークに相談するよう呼びかけている。

弁護士ドットコムニュース編集部