ここから本文です

森友問題「自民が証拠を掴んでいるという情報もある。誰が嘘をついているか今後あぶり出されていく」

3/29(水) 10:14配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 自民党の西村康稔・総裁特別補佐が28日、先週の証人喚問で「森友学園」の籠池泰典理事長に質問した葉梨康弘衆院議員、西田昌司参院議員とともに会見を開いた。西村氏は、籠池理事長の証言内容について、偽証罪での告発の可能性を示唆した。

 この問題について『夕刊フジ』の中本編集長は「100万円の寄付と籠池理事長が主張している郵便の振込用紙なのですが、“安倍晋三“というのが諄子夫人の筆跡ではないかという疑いが出ている。国会の証人喚問では“学園の職員が書いていた“というふうに証言していたが、なぜこういった嘘をつかなければいけなかったのか。今後、この辺を自民党側が追及していくということです」と話す。

 さらに、「自民党のプロジェクトチームがいろいろな証拠を掴んでいるという情報もある。誰が嘘をついているか今後あぶり出されていく。誰が国民の税金を無駄遣いしたのか、報告を怠ったのか、など、いろんな嘘があぶり出されると思う。まだこれは始まったばかりなのかもしれませんね」とコメントした。

最終更新:3/29(水) 10:14
AbemaTIMES