ここから本文です

富裕層ターゲット クルーズ船誘致へアピール/富山

3/29(水) 21:44配信

チューリップテレビ

 クルーズ船を運航するアメリカの船会社の幹部が県内を視察に訪れています。
 クルーズ船の誘致を進めている県は、「富山には富裕層が満足する本物の自然と文化がある」とピーアールしました。

 29日県庁を訪れたのはアメリカの船会社、ウインドスター・クルーズ社のメリッサ・ウィッツォーさんで、28日は高岡市の瑞龍寺や新湊の内川などの観光スポットを視察しています。
 県では、クルーズ船の誘致を進めていて、伏木富山港には去年は5回、今年は6回のクルーズ船が寄港します。
 クルーズ社は、富裕層をターゲットにした豪華な船旅を提案していて、県は、「ぜひ寄港を検討してほしい」と売り込みました。
 クルーズ社では、来年、日本に初めて寄港するアジアクルーズを企画する予定で今後、日本海側への寄港も検討していきたいとしています。

チューリップテレビ