ここから本文です

ふじみ野駅が「ももいろクローバーZ駅」に メンバーのヘッドマーク列車も登場 東武

3/29(水) 7:20配信

乗りものニュース

編成共通のヘッドマークは青色

 東武鉄道は2017年3月27日(月)、東上本線・ふじみ野駅(埼玉県富士見市)東口の駅名看板を「ももいろクローバーZ駅」に期間限定で変更すると発表しました。

【画像】「東武東上線にももクロが登場だZ記念乗車券」

 これは、2017年4月に迎える富士見市制施行45周年の記念事業である、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサート「ももクロ 春の一大事2017 in 富士見市」(4月8日、9日)の開催にあわせて実施されるものです。

 駅名看板はメンバー5人の写真とグループ名がデザインされます。変更期間は4月5日(水)から5月7日(日)までです。

 同じ期間には、池袋~小川町間で、50000型電車5編成が、「ももクロ」とのコラボをPRするヘッドマークを掲出します。

 編成の小川町寄りには各メンバーの顔写真とカラーがデザインされたヘッドマークが、池袋寄りにはグループ名がデザインされた青色の共通ヘッドマークが、それぞれ取り付けられます。

「ももクロが登場だZ記念乗車券」も発売

 また、4月1日(土)からは「富士見市制施行45周年 東武東上線にももクロが登場だZ記念乗車券」が発売されます。記念乗車券は富士見市内の駅であるみずほ台駅、鶴瀬駅、ふじみ野駅からの片道乗車券(各2枚)6枚組です。券面には各メンバーの写真などが掲載されます。概要は次のとおりです。

・価格
 1セット1000円(税込)
・発売数
 合計5000セット(1人5セットまで購入可)。うち4000セットは、4月8日(土)と9日(日)に、鶴瀬駅とふじみ野駅の改札外コンコースで販売。
・発売場所
 東上線駅窓口:池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山、森林公園、小川町、武州長瀬
 東武グループツーリストプラザ(東京ソラマチイーストヤード5階)
・有効期間
 4月1日(土)~30日(日)のうち各券1回限り

 さらにコンサートが開催される4月8日(土)と9日(日)、鶴瀬駅とふじみ野駅の改札外コンコースでは、駅名看板をイメージした「ももいろクローバー駅キーホルダー」も発売されます。価格は1個500円(税込)。発売数は6000個で、1人5個まで購入可能です。

 東武鉄道は「期間限定で開催される東上線と『ももいろクローバーZ』のコラボレーションをぜひお楽しみください」としています。

乗りものニュース編集部