ここから本文です

Twitterで見えなくしたい単語「特にない」が多数 一方、「死ね」は消したいとの声も

3/29(水) 12:11配信

AbemaTIMES

 Twitterが特定の単語をタイムラインに表示させないようにするミュート機能を導入。この機能で消したい単語を10代から40代の男女400人に聞いた。

 ある男性は「死ねとか傷つく言葉はミュートしたくなりますね」。別の男性は「誹謗中傷。SNSでどうして言うかなと」と話した。しかし「特にない」「あんまり、まだ(消したいと)感じたことがないが、いざという時は使ってみようかなと思う」という声も。

 アンケート結果は「特にない。使うイメージがわかない」が113票で1位。2位に誹謗中傷(47票)。3位が「死ね/殺す」(29票)だった。ミュート機能の浸透はまだまだこれからのようだ。(Abema One Minute Newsより)

1位 特にない/使うイメージがわかない 113票
2位 誹謗中傷 47票
3位 死ね/殺す 29票
4位 下品な単語/卑猥ワード 24票
5位 プライバシーに関わるもの 10票
6位 嫌いなもの/嫌いな人 8票
7位 汚い言葉 7票
8位 差別用語 6票
9位 政治的な話題 5票
10位 広告系 4票

最終更新:3/29(水) 12:33
AbemaTIMES