ここから本文です

【F1】エンツォ・フェラーリ遺体誘拐計画、事前に阻止される

3/29(水) 14:56配信

motorsport.com 日本版

 イタリアの捜査関係者は、フェラーリの創始者であるエンツォ・フェラーリの遺体をサン・カタルド墓地から盗み、身代金を手に入れようと計画したとして、犯罪者の集団を一斉逮捕したことを明らかにした。

【写真】ジル・ビルヌーブと談笑するエンツォ・フェラーリ

 この逮捕劇には300人の軍関係者や警察によって行われ、イタリア全土で34人が逮捕されたという。この犯罪者グループは、麻薬や銃の密輸にも関係していたという。

 彼らは1988年に90歳で死亡したエンツォ・フェラーリの棺を盗み、フェラーリの家族やフェラーリ社に身代金を要求しようとしていたとみられる。

 ギャングのうちのひとりは、すでに墓の襲撃を綿密に計画しており、これに使用する2台の車と1台のバンを用意していた。しかし、同地域の反マフィア局の要請を受け、イタリア軍は計画が実行される前に阻止したという。

Charles Bradley