ここから本文です

香川・高松に男女64校が集結、開会式が行われる [全国選抜中学テニス]

3/29(水) 19:04配信

THE TENNIS DAILY

「第5回全国選抜中学校テニス大会」(3月29~31日/団体戦/競技:香川県総合運動公園テニス場 屋外人工芝20面)は29日(水)、香川県高松市のレクザムホールで開会式が行われた。

小平市立小平第二がセンバツ初の大会連覇 [第4回全国選抜中学校テニス]

 北は北海道地区代表から南は九州地区代表の男女各32校の入場行進で開会式は始まった。各校の名前が読み上げられると、選手たちは一列となり足並みをそろえて行進、壇上で整列して一礼した。保護者、関係者をはじめ多くの観覧者から拍手が送られると、選手たちは照れくさそうな表情や誇らしげな表情を見せていた。

 すべての出場校が出揃うと、前年優勝校の男子・小平市立小平第二(東京)、女子・成蹊(東京)が、全国中学校テニス連盟の篠田徹理事長に優勝旗を返還。さらに、中学センバツが開催されてから5年目の節目に、5回連続出場の6校が表彰された。

--------------------

男子
甲南(兵庫)
高松市立桜町(香川)

------------

女子
椙山女学園(愛知)
大阪女学院(大阪)
茨木市立三島(大阪)
園田学園(兵庫)

--------------------

 篠田理事長は挨拶の中で「皆さんの中から、東京オリンピックに出場する選手が出てくることを私は夢見ています」と選手たちを激励した。

 最後は、明日から始まる競技に向けて地元・香川から、山地恭平(高松市立桜町)、六車祐里佳(香川県立高松北)が選手宣誓を行った。

     ◇   ◇   ◇

宣誓
僕たち
私たち
選手一同は
この記念すべき第5回全国選抜中学校テニス大会において、
最後まで諦めない気持ちを持ち、
ゲームセットまでベストを尽くすことを誓います。

平成29年3月29日 選手代表
高松市立桜町中学校テニス部主将 山地恭平
香川県立高松北中学校テニス部主将 六車祐里佳

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:3/30(木) 18:45
THE TENNIS DAILY