ここから本文です

ユヴェントス&ミラン、トッテナムのフランス代表MFを巡り争奪戦? 移籍金は約30億円か

3/29(水) 14:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レアルも獲得を狙っていたとされる逸材だが

昨夏にイングランドのトッテナムへ加入したばかりのフランス代表MFに対し、イタリアの名門ユヴェントスとミランが関心を示しているようだ。

今季のプレミアリーグ17試合に出場し、先発出場はわずかに6。これがニューカッスルからスパーズへ移籍した27歳ムサ・シソコの現状だ。伊『Calciomercato』はそんな悩めるセンターハーフとのサインをセリエAの2大クラブが画策しているとし、両クラブが移籍金として約30億円を支払う覚悟があると報じている。昨年のユーロ2016ではフランスの中盤にダイナミズムをもたらし、機を見た前線へのアグレッシブな攻撃参加が多くの場面で見受けられると、大会終了後には同胞ジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードも獲得を狙っているとも報じられた。

果たしてこの運動量豊富なMFはたった1年でトッテナムを後にし、イタリアへ旅立ってしまうのだろうか。今後の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合