ここから本文です

ブラジル、W杯行き決定! パラグアイ撃破を喜ぶマルセロ「前はここでオウンゴールしたが……」

3/29(水) 16:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

監督とスタッフへの感謝も

ブラジル代表のマルセロが、28日に行われたロシアW杯南米予選のパラグアイ戦を振り返っている。

予選7連勝で首位に君臨する絶好調ブラジルはホームにパラグアイを迎え、34分には右サイドで巧みな連携を見せたコウチーニョが思い切りの良いシュートから先制弾を奪取。後半にもネイマールとマルセロがそれぞれ追加点を挙げ、3-0と圧勝を収めている。この結果、勝ち点を33に積み上げたカナリア軍団は、予選4試合を残してW杯出場圏内となる4位以内を確定。ひと足早く本大会への出場を決めている。

同試合で3点目となる得点を挙げ、今やセレソンに不可欠な攻撃的SBとして定着するマルセロは試合後、次のように語った。『globoesporte』が伝えている。

「前半はパラグアイが積極的なプレスを仕掛けてきたことで、普段通りのプレイができなかったけど、監督の指示もあり、最終的には得点も決めることができたよ。ブラジルW杯ではこのスタジアムでオウンゴールを献上してしまったけど、今回はゴールを決めた。もちろん一番大事なのはチームの勝利だし、皆が怪我をしなかったことだ」

また、周囲への感謝も忘れていない。

「今まで全てのエネルギーを注いで努力してきたことで今の結果がある。チッチ監督にも感謝してるし、他の関係者にも同じ気持ちだ。彼らが状況を打破してくれたからね」

http://www.theworldmagazine.jp