ここから本文です

辺野古新基地:フロート外で抗議のカヌー拘束 「強硬策に出るとは」

3/29(水) 13:10配信

沖縄タイムス

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖の立ち入り禁止区域を示すフロートの外で29日午前、海上保安官が新基地建設に反対する市民の船やカヌーの拘束を繰り返した。従来はフロート外では拘束はしていなかった。県が沖縄防衛局に作業中止を指示した翌日にも関わらずコンクリートブロックや鋼材の海中投下も続いており、市民は「逆に強硬策に出るとは。考えられない」と猛反発している。

この記事の他の写真・図を見る

 一方、陸上のキャンプ・シュワブゲート前でも基地建設に反対する市民が最大130人集まり、早朝から座り込み抗議を続けている。午前中、基地内への工事車両の出入りはなかった。

最終更新:3/29(水) 17:30
沖縄タイムス