ここから本文です

最近10年で開幕戦に白星が多い投手は誰?

3/29(水) 11:00配信

ベースボールキング

1位はロッテのエース!

 プロ野球開幕まで残り2日に迫った。各球団の指揮官が開幕投手を発表している。

 シーズンを占う上でも大事な初戦。どこの球団も幸先良くスタートを切るためにも、白星が欲しいところ。では、この10年で開幕戦に白星を最も多くもたらした投手は誰なのだろうか…。

 調べてみると涌井秀章(ロッテ)の5勝が最多だ。涌井は西武時代に08年から5年連続で大役を担い、そのうち09年から3年連続で白星を手にした。ロッテ移籍後も、15年と16年に開幕投手を務め、いずれも勝利投手となった。今季は31日に行われるソフトバンクとの開幕戦に、先発することが内定している。相性の良い開幕戦で今季も白星を掴むことができるか注目だ。

 次いで、白星が多かったのが安藤優也(阪神)、菅野智之(巨人)、摂津正(ソフトバンク)の3勝だ。安藤は08年から、摂津は12年から、菅野は14年から3年連続で、開幕戦に白星を手にした。

 石川雅規、岩隈久志、内海哲也、則本昂大、金子千尋の4投手は開幕戦で2勝を記録している。

【最近10年の開幕戦に白星が多い投手】

5勝 涌井秀章
内訳:09年、10年、11年、15年、16年

3勝 安藤優也
内訳:08年、09年、10年

3勝 菅野智之
内訳:14年、15年、16年

3勝 摂津正
内訳:12年、13年、14年

2勝 石川雅規
内訳:08年、12年

2勝 岩隈久志
内訳:09年、11年

2勝 内海哲也
内訳:07年、10年

2勝 則本昂大
内訳:14年、16年

2勝 金子千尋
内訳:08年、10年

※メジャーリーグでの開幕戦白星は含めない

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報