ここから本文です

国造ユズでハンドクリーム 能美市役所で初披露

3/29(水) 1:51配信

北國新聞社

 北陸先端科技大学院大の研究員、森進太郎さん(41)=金沢市=が28日、能美市役所で、同市特産品「国造(こくぞう)ユズ」の皮を使ったハンドクリームを初披露した。今年夏には県内外の土産屋や雑貨店などで販売を始める。

 森さんは、昨年8月から、廃棄されることが多い国造ユズの皮を利用できる土産品作りに取り組んできた。同市の能美の里山資源パワーアップ研究開発支援事業補助金約50万円の支援を受け、アロマオイルなどを製造する「キャライノベイト」(東京)と共同で行っている。

 精油の製造過程で採れる精製水を使った「フェイスパック」の商品化も進めている。ハンドクリームは30グラムで税抜き2千円、フェイスパックは税抜き700円とする予定となっている。

北國新聞社

最終更新:3/29(水) 1:51
北國新聞社