ここから本文です

ブラジルの本戦出場、W杯予選突破一番乗りが決定!!

ゲキサカ 3/29(水) 13:10配信

 ロシアW杯南米予選が28日に行われ、ブラジル代表の本大会出場が決まった。過去3大会(06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会)の一番乗りは日本だったが、今大会はブラジルが決めた。

 ブラジルは今大会、15年10月8日に行った開幕節で敵地でチリに0-2で敗れる黒星発進となっていたが、そこから無敗を継続。28日にホームで行ったパラグアイ戦も3-0で快勝し、8連勝で勝ち点を33に伸ばしていた。

 ブラジルが勝ったことで、28日に行われる南米予選最後の試合で、ウルグアイ代表が敵地でペルー代表に敗れればブラジルの予選突破が決まることになっていた。

 試合はウルグアイが前半30分にMFカルロス・アンドレス・サンチェスのゴールで先制したが、同34分にペルーはロングボールに抜け出したFWパオロ・ゲレーロがゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。そして後半に入ると17分に右クロスの流れから奪ったMFエディソン・フローレスのゴールで逆転に成功した。

 ウルグアイは後半途中出場のMFホナタン・ウレタビスカヤが後半31分のハンドによって2枚目のイエローカードを受けて退場。W杯出場権争いを優位に進めるためにも勝ち点3が欲しかったウルグアイだったが、まさかの逆転負け。後半アディショナルタイムにFKを頭で合わせたシュートもクロスバーに嫌われた。ウルグアイは1-2で敗れ、勝ち点ゼロに終わった。

 この結果、勝ち点33で首位のブラジルに対し、W杯大陸間プレーオフに進む5位アルゼンチンとの勝ち点差は11に広がった。南米予選の残り試合は4試合あるが、次節の対戦で、3位のウルグアイと5位のアルゼンチンが直接対決を行うために、どちらか一方はブラジルを逆転することが不可能となった。これによりブラジルの南米予選の4位以上が確定。ホスト国ロシアに続く本戦出場、W杯予選突破世界一番乗りが決まった。

チリ 3-1 ベネズエラ
ブラジル 3-0 パラグアイ
エクアドル 0-2 コロンビア
ボリビア 2-0 アルゼンチン
ペルー 2-1 ウルグアイ
 
1. ブラジル(33)+25
2. コロンビア(24)+3
3. ウルグアイ(23)+9
4. チリ(23)+5
5. アルゼンチン(22)+1
6. エクアドル(20)+3
7. ペルー(18)-1
8. パラグアイ(18)-8
9. ボリビア(10)-20
10.ベネズエラ(6)-17

最終更新:3/29(水) 13:28

ゲキサカ