ここから本文です

東芝がWHの破産申請承認受け会見(全文4完)追加損失のリスクはない

3/30(木) 11:20配信 有料

THE PAGE

第3四半期の決算発表に今回の破産申請は影響しないと考えていいのか

日本経済新聞:日本経済新聞の〓タナカ 01:05:00〓ですが、3問、お願いします。1つは、4月11日に予定をされている決算、第3四半期の決算発表なんですけども、先ほどの説明からいくと、ここには今回のウェスチングハウスの破産法申請による影響は、影響しないという認識でいいのでしょうか。まず、ここを教えてください。

平田:チャプター11、やや突然のことなんで、監査法人さまとはまだきちんと話し合いができてはございませんけれども、4月11日はサードクオーターの決算発表ということなんで、事象としてはサードクオーターには、会社としては計数として反映する必要はないのかなというふうに考えてございます。

日本経済新聞:監査法人さんのほうから何かこの件で考慮すべきことがあるようなことは、今、現時点で伝えられているような状況ではないということですか。

平田:特段、大きなことはございません。

日本経済新聞:2つ目なんですが、先ほどもちょっと質問がありましたけども、裁判所がどういう再建計画を立てていくか、そのことが固まった時期がいわゆる東芝の、先ほどの債務保証だとかそういうロスが決まる時期でもあるという話があったと思うんですけど、これは先ほどの3ページのマル2のほうの部分なんですけど、こちらはたぶん、再生手続きの過程の中で確定していく損失額になると思うんですね。これが本決算に向けてこの算出をしていくということなんですけど、これは本決算に向けて再生手続きの中で確定するものなのかどうか、確定しない場合はどうするのかをちょっとちょっとあらためて教えていただけますか。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:12,052文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:3/31(金) 5:39
THE PAGE