ここから本文です

台湾の清廉度、アジア太平洋で6位 前年と変わらず

3/30(木) 14:38配信

中央社フォーカス台湾

(台北 30日 中央社)香港のコンサルティング会社、政治経済リスクコンサルタンシー(PERC)が29日発表したアジア太平洋地域16の国・地域を対象とした2017年の汚職評価で、台湾は前年同様、6位に選ばれた。ランキングは上位ほど清廉度が高い。1位はシンガポール。日本は3位だった。

レポートによれば、台湾の評点は5.34ポイント。ポイントは0~10までの評価で、数字が大きいほど腐敗の度合いが高い。台湾の評点は前年より0.74ポイント減少した。

調査の回答者は、対象となる国・地域の外国企業や財界人。台湾の汚職に対する評価では、回答者の60%以上が過去1年間で顕著な変化はないと答えた。汚職状況が改善しているとしたのは30%で、汚職問題が悪化しているとの回答は10%に満たなかった。

レポートでは、台湾と韓国における人付き合いのマナーの相似性に言及。物品贈与や便宜供与、賄賂などの不正行為で人脈を築く悪習はいまだに存在していると指摘した。だが、台湾への評価は韓国に比べて高く、その理由については、台湾社会の汚職に対する容認度の低さ、政府高官や財界トップが汚職の罪に問われた際に市民が赦免を望まない態度、巨大財閥が存在しないことなどが挙げられた。

(王揚宇/編集:名切千絵)