ここから本文です

川崎6年ぶりソフトバンク復帰へ カブス解雇で決断、相思相愛で支障なし

デイリースポーツ 3/30(木) 12:00配信

 マイナー契約からのメジャー昇格を目指していた川崎宗則内野手(35)が29日(米国時間28日)、米大リーグ・カブスから解雇され、ソフトバンク電撃復帰が決定的となった。メジャー他球団への移籍を模索する選択肢もある中、6年ぶりとなる日本球界、地元九州の古巣へ復帰する意思を固めたもようだ。

 海の向こうでの挑戦が区切りを迎えた。今季もマイナー契約からメジャーを目指していた川崎が、カブスから契約を解除された。日米全球団との交渉が可能となるFAとなり、メジャー他球団への移籍を探る道もありながら、複数の関係者によると米球界挑戦時から「日本に帰るならホークス」と言い切っている古巣復帰の意思を固め、これを把握したソフトバンクが獲得に動いたとみられる。

 2011年オフにソフトバンクからFAで、憧れのイチローがいるマリナーズへ。その後ブルージェイズ、昨季はカブスへ移った。昨季後には「来年も米国でやりますなんて胸張って言えない」と日本復帰を示唆しつつ、マイナーで再契約していた。

 今オープン戦は17試合で打率・282、7打点、1盗塁。契約の都合から昨春も開幕直前に契約解除→マイナー再契約の手続きを踏んでいたが、今季から自由にメジャーとマイナーを行き来できる「マイナー・オプション」がなくなり、マイナー降格時には契約解除の必要がある難しい立場でもあった。

 鹿児島で生まれ育ち、九州に本拠を置くソフトバンクへの愛着も強い。昨年末には日本で第2子となる長女も誕生。一方、ソフトバンクは川崎の背番号52を空き番とし、日本復帰の際は獲得に動く姿勢を貫いてきた。工藤監督も「日本に戻る気持ちがあるならぜひウチに」と熱望しており、この時期の復帰にも支障はない。近日中に「ソフトバンク・川崎」が復活する運びとなりそうだ。

最終更新:3/30(木) 12:09

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報