ここから本文です

「無料」につられて損をする!? 無料の罠にご用心!

3/30(木) 4:53配信

マネーの達人

この世で最もお得なもの、それは「無料」。

無料ならとついつい気軽に手を出してしまいがちですが、先人たちは「タダより高いものはない」というタメになる戒めの言葉を残してくれました。

「無料」というキーワードにつられて散財してしまわないよう、次のような「無料」に十分注意しましょう!

「送料無料」の罠

最近はインターネットで買い物をすることがすっかり定着しましたが、送料が気になるという方も多いのではないでしょうか。

特に

「5000円以上の購入で送料無料。でも欲しいと思ったものは合計で4200円。送料は一回につき500円」

といったような場合は、「送料で500円を払うくらいなら、何か必要そうなものを見つけて追加購入し、送料無料にした方がお得」と考えてしまいがちです。

追加購入するものが本当に必要なもので、価格も適正なら良いのですが、「送料を無料にするため」と、特に欲しくもないものをカートに入れてしまったり、他の店ではもっと安く売っているものを買うことになったりすると、結局無駄な出費をすることになります。

また、「送料無料にするために、何かちょうどいいものはないか」とホームページを見続けてしまうのも、「あなたの大切な時間」というコストがかかっています。

送料をタダにするために、無駄なものを買ってしまったり時間をかけてしまったりするくらいなら、素直に送料分を支払ってしまった方が結局は損をせずに済むこともあります。

「送料無料」のお得感に引きずられ過ぎないようにしましょう。

また、「送料無料」というキーワードで欲しい商品を検索する場合も、気を付けて欲しいことがあります。

「送料無料」は、「商品の代金に送料が含まれている」というだけで、商品の値段が他と比べて安いとは限りません。

場合によっては、最安値で販売しているお店の料金に送料を足したものの方が、最初から送料無料で販売されているものより安くなることもあります。

「送料無料」に飛びつかず、本当にお得なショップで買い物をしたいですね。

1/2ページ

最終更新:3/30(木) 5:47
マネーの達人