ここから本文です

【インタビュー】 U-KISSが、メンバーのソロ曲&ユニット曲をまとめた企画盤をリリース! もうすぐ卒業するケビンからのメッセージも

3/30(木) 14:21配信

トレンドニュース(GYAO)

昨年12月に日本デビュー5周年を迎えた韓国のダンスボーカルグループU-KISSが、13枚目のシングル「PaNiC!」、初のベスト・アルバム『U-KISS JAPAN BEST COLLECTION 2011-2016』を経て、このたび初のソロ&ユニット曲アルバム『U-KISS solo&unit ALBUM』をリリース。

【LIVE映像】「Believe」(AL収録「5周年記念イベント」より)>>

スヒョン、ケビン、フンのソロ楽曲はもちろん、過去のユニット曲をコンパイルした企画アルバムで、本作のみの新曲としてキソプの「Spring Love」、イライ&ジュンのユニット曲「DAMN!!」、さらにボーナストラックとしてU-KISS全員による「All of Tonight」を収録するなど、彼らの今後に期待を抱かせる意欲作だ。
何よりもファンを大切にしてきた彼らの、日本のファンに対する「思い」はもちろん、すでにグループ卒業が決まっているケビンに現在の心境なども聞いた。

■もっともっと、日本のファンの皆さんと触れ合う時間が欲しいなぁっていつも思ってます(イライ)

ー 2016年12月14日に日本デビュー5周年を迎えたU-KISSですが、今の心境は? 

フン: 韓国のグループである僕たちが、日本で5年も続けられたのはとてもありがたいことだと思っています。ファンの皆さんからいただいている「愛」を、何倍にも恩返ししたいと思っていつも頑張っていますので、これからも応援してもらえたらうれしいです。

スヒョン: 僕らはみんな日本が大好きで、ずっと日本で活動したいなと思っているんです。その夢が叶(かな)って、さらに5年も続けられたのは本当にうれしいです。これからも、ファンの皆さんとたくさんの思い出が作れたらいいなと思っています。

ジュン: 僕は2014年にU-KISSのメンバーになり、こうしてメンバーみんなと一緒に5周年を迎えることができて、とってもうれしいです。

キソプ: 日本デビューが叶(かな)った最初の年から本当に楽しく活動ができたんですけど、そこから僕らの日本語もどんどん上達して、この5年間でファンの皆さんとの距離もすごく近くなった気がしています。それがすごくうれしいですね。

イライ: 5年かあ、早いですね(笑)。特に印象に残っているのは、初めて武道館のステージに立った時。もっともっと、日本のファンの皆さんと触れ合う時間が欲しいなぁっていつも思っていて、時がたつのが惜しい気持ちです。

ケビン: 僕は、オリコンのデイリーチャート1位をもらった時に、「これで一つ、大きな夢が叶(かな)った」と思いましたね。この5年間、メンバーチェンジなど大変な時やつらい時もあったんですけど、いつも日本のファンの皆さんがそばにいてくれて、変わらず応援してくれたのが本当に励みになりました。

1/4ページ