ここから本文です

錦織はフォニーニに初黒星で準々決勝敗退 [マイアミ/男子テニス]

3/30(木) 6:24配信

THE TENNIS DAILY

「マイアミ・オープン」(ATP1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月22日~4月2日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、第2シードの錦織圭(日清食品)はファビオ・フォニーニ(イタリア)に4-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間7分。

昨年準優勝の錦織がマスターズ初の第2シードに [マイアミ・オープン]

 今大会に7年連続8度目の出場だった錦織は、昨年の大会で初めて決勝に進出。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6 3-6で敗れたが、自己最高の準優勝を果たしている。錦織は2回戦でケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-4 6-3で、3回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を7-6(2) 6-7(5) 6-1で、4回戦ではフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を6-3 4-6 6-3で破って勝ち上がっていた。

 錦織は3度目の対戦でフォニーニに初黒星。昨年は5月にマドリッド(ATP1000/クレーコート)の2回戦で対戦し、錦織が6-2 3-6 7-5で勝っていた。フォニーニがマスターズ1000の大会で4強入りを果たしたのは、2013年のモンテカルロ(クレーコート)以来で2度目となる。

 フォニーニは初のマスターズ決勝進出をかけて、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第13シードのジャック・ソック(アメリカ)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:KEY BISCAYNE, FL - MARCH 29: Kei Nishikori of Japan react to a lost point against Fabio Fognini of Italy during Day 10 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 29, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:3/30(木) 6:31
THE TENNIS DAILY