ここから本文です

収納スッキリ! 服の断捨離が「キープできる」買い物の方法

3/30(木) 6:10配信

マネーの達人

季節の変わり目は、服を断捨離する絶好のチャンス。そう思ってたくさん服を捨てたあなた。

気が付けば、またクローゼットがいっぱいになっていませんか? 

捨てた分だけ服を買っていては、収納もスッキリしませんし、ムダ遣いも増えます。

今回は、服の断捨離をキープする買い物の方法をご紹介します。

「外で着ない服」は捨ててしまおう

クローゼットやタンスが閉まらないくらい服があるのに、着たいものがない。結局、いつも同じ服を着ている。

そんな状態なら、今すぐ断捨離を始めましょう。

難しく考えず、次の2つを基準にサクサク進めてみてください。

■シーズン中、一度も着ていない服は捨てる

シーズン中に一度も着なかった服は、来年もきっと着ることはありません。少なくとも、捨てて困ることはないでしょう。

どんなに高くても、新しくても、着ない服はあなたの収納スペースを奪います。もったいないと思う気持ちと一緒に、捨ててください。

■思い出がつまった服は写真に残して捨てる

このTシャツ、ちょっと首元がくたびれてるけど、お気に入りだったからパジャマにしよう。この服も、もう着ないけど、旅先で買ったものだから記念に置いておこう。

私のクローゼットには、そんな「もう着ない服」がたくさんありました。結局、Tシャツはパジャマにするには薄すぎて、一度も着ませんでした。

思い出のつまった服は、写真を撮ってから捨てましょう。実物を残さなくても、写真を見れば思い出がよみがえりますよ。

クローゼットの断捨離をキープする買い物方法

増えてしまった服を断捨離したら、あとはその状態をキープするだけです。でもぜんぜん服を買わないのも、つまらないですよね。

今後は「クローゼットがいっぱいになってから捨てる」のではなく、服を買うたびに同じ数だけ捨てましょう。

なんだかもったいなく聞こえますが、上手に買い物するために次のことを試してみてください。

■服を買う前に捨てる

「服が欲しい!」と思ったら、買おうとしている枚数だけ、今持っている服を捨ててください。

捨てるつもりでクローゼットの中を見ると、欲しかったのと似たような服が見つかるかも。

もしどれも捨てられないなら、本当に新しい服を買う必要があるかどうか、よく考えてみましょう。

■心から気に入った服だけを買う

ショッピングへ行って「今日は絶対に何か買おう」と意気込むのは危険です。

もしイマイチな服しかなければ、いったん買わないで帰りましょう。

「何か買わなきゃ」と焦って買った服は、家に持って帰ると魅力を失い、タンスのこやしになるだけです。

■セールに行かない

特に欲しいものがないのにセールに行くのは、散財のもとです。

「ちょっと見るだけ」と思っても、割引された服を見たとたん「前からこういうの欲しかった気がする」と都合よく考えてしまうもの。

私も無理やり理由を探して、ほんとはいらないものを買った経験が何度もあります。特にネットショッピングは、一度に大量の商品が目に入るため、要注意です。

クローゼットの中をお気に入りだけにしよう

収納からあふれるほど服があるのに着たいものがない人は、自分の買い物のしかたを思い出してみてください。

「流行っているから」
「季節が新しくなるから」
「しばらく服を買っていなかったから」

そんな理由で買った服たちは、結局ほとんど着ることがないまま、どんどん古くなっていきます。

服と一緒に、あなたのこれまでの「服の買い方」もいったん捨ててしまいましょう。

スッキリしたクローゼットにお気に入りの服だけを並べれば、着るものに迷うこともなくなりますよ。(執筆者:ヒトミ ・ クバーナ)

最終更新:3/30(木) 6:10
マネーの達人