ここから本文です

ジョコビッチが出場、ナダルは欠場 [デ杯テニス]

3/30(木) 7:31配信

THE TENNIS DAILY

 ラファエル・ナダルは4月7日から9日にベオグラードのハードコートで行われるデビスカップ・ワールドグループ準々決勝「セルビア対スペイン」戦をスキップし、そこでノバク・ジョコビッチと対戦する機会も逃すことになる。

ジョコビッチが肘の故障のため、マイアミ・オープン出場を断念

 火曜日にスペインのデ杯キャプテン、コンチタ・マルチネスが発表したチームのメンバーにナダルの名前はなかった。彼の欠場理由の説明もなかった。

 一方、セルビアのプレーヤー兼キャプテンであるネナド・ジモニッチは、この対戦でジョコビッチがプレーすることになると言った。ジョコビッチは昨年の全仏オープン優勝以降ある種のスランプに陥り、世界1位の座を失っていた。

 肘の故障のため今週行われている「マイアミ・オープン」(ATP1000)の出場を取り消したジョコビッチだが、このデ杯からプレーに戻ることになる。

 セルビア・チームのそのほかのメンバーは、ビクトル・トロイツキとドゥサン・ラヨビッチだ。

 スペインはナダルのほかに、ランキングで言えばスペイン・ナンバー2のロベルト・バウティスタ アグートも欠くことになる。今回のスペインのトップランク・プレーヤーは19位のパブロ・カレーニョ ブスタで、続いてアルベルト・ラモス ビノラス、マルセル・グラノイェレス、そしてダブル・スペシャリストのマルク・ロペスが名を連ねた。

 デ杯優勝歴5回のスペインは、2012年以来の準決勝進出を目指している。

 ナダルは全豪オープン決勝でロジャー・フェデラー(スイス)に対する5セットの激戦に敗れたあと、過度の疲労を理由に先月の対クロアチアのデ杯1回戦を欠場していた。手首の故障による4ヵ月の休止のあと、急激に非常に多くの試合をプレーしたため休息をとるべきだと医師にすすめられたからだという。

 世界7位のナダルは、今週のマイアミ・オープンで準々決勝に進んでいる。

 やはりマイアミで4回戦に駒を進めたバウティスタ アグートだが、2週間前のインディアンウェルズ(ATP1000)では腹筋の故障のため棄権を余儀なくされていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 15: Novak Djokovic of Serbia shows his emotions during his straight set defeat by Nick Kyrgios of Australia in their fourth round match during day ten of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 15, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:3/30(木) 21:07
THE TENNIS DAILY