ここから本文です

ノーシードのフォニーニが錦織を倒して4強 [マイアミ/男子テニス]

3/30(木) 12:02配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・フロリダ州マイアミで開催されている「マイアミ・オープン」(ATP1000/3月22日~4月2日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、ノーシードのファビオ・フォニーニ(イタリア)が2016年準優勝者で第2シードの錦織圭(日清食品)を6-4 6-2で破り、準決勝に進出した。ここ10年でノーシードのプレーヤーが4強入りしたのは初となる。

錦織はフォニーニに初黒星を喫して準々決勝敗退 [マイアミ・オープン]

 ATPマスターズ1000の大会で、自己ベストとタイの成績を挙げた29歳のフォニーニは、準決勝で第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第13シードのジャック・ソック(アメリカ)の試合の勝者と対戦する。

 錦織は世界ランキング4位。フォニーニはトップ10プレーヤーに対する対戦成績を9勝44敗に向上させ、マイアミ・キービスケーンで準決勝に進んだ史上初のイタリア人男子プレーヤーとなった。

 勝利の瞬間、満面の笑みを浮かべたフォニーニは試合後、「今、この瞬間が、ただただうれしい。これは僕にとって本当に大きな大会だ。コート上でも外でも、とてもいいフィーリングを覚えている」と言った。「自分のパフォーマンスには満足している。言うまでもなく、ポジティブな成績だ。まるで夢のようだ。僕はただ自分のテニスに集中し、ベストを尽くそうと努めている」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: KEY BISCAYNE, FL - MARCH 29: Fabio Fognini of Italy celebrates match point against Kei Nishikori of Japan during Day 10 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 29, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:3/30(木) 12:02
THE TENNIS DAILY