ここから本文です

ムバッペ、レアル移籍は「もっと成長してから」「自分はまだトップじゃない」

3/30(木) 12:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

様子を見る必要があると話す

モナコで急成長を続けるフランス代表FWキリアン・ムバッペが、レアル・マドリード移籍の噂について口を開いている。

弱冠18歳にしてリーグアンの名門で輝きを放ち、レ・ブルーからの招集も受けているムバッペ。ティエリ・アンリのようなしなやかさと、ロナウドのようなフィニッシュ精度を併せ持つ同選手に対しては、白い巨人からの関心が連日のように報じられているものの、ムバッペ本人は自らを“修業中の身”だと位置付けている。『ESPN』が同選手のコメントを伝えた。

「現時点において、僕はモナコに所属している。どんなことが起きるのかは今後の様子を見る必要があるだろうね。確かにレアル・マドリードはかなりのビッグクラブだけど、僕は今も修業している段階だ。多くの面において、より成長してから目指す場所だと思う。自分はまだトップの選手じゃないからね」

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦ではホーム&アウェイで共に貴重なゴールを奪うなどし、ペップ・グアルディオラを大いに悩ませたムバッペ。ヨーロッパは今、この18歳に虜だ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報