ここから本文です

BLUE ENCOUNT 最後のメッセージ「さよならを経験してこそ絶対に強くなる」

3/30(木) 20:00配信

TOKYO FM+

BLUE ENCOUNTが3月29日、TOKYO FMのレギュラー番組「SCHOOL OF LOCK! ブルエンLOCKS!」に出演。1月より3ヶ月限定でスタートしたブルエンLOCKS! は今回が最終回ということで、メンバーそれぞれがリスナーにメッセージを送りました。

◆高村佳秀【唯一無二】

高村:「唯一無二になれ」じゃなくて、「唯一無二の自分の中にあるもの、他人と違うものを恐れるな!」と言いたいです。
他人と違うから言えない、表現出来ないっていうのは、すごく勿体無いと思うんですよ。自分にも言い聞かせているんだけど、自分にしか無いものは、どんどん出していかなきゃ。唯一無二は誇らしい事なんです!

江口:高村先生も、さらに唯一無二になれるように、頑張ってほしいと思います!

田邊:これからは唯一無二の高村、“唯一無二村”でお願いします!

◆辻村勇太【本音。】

辻村:生徒(リスナー)の相談に乗って、本音を言うってすごく大事だなって思ってさ。俺らも、バンドマンだからこそ本気の音って出すじゃん。本気の音を出した時に本気で伝わると思うのよ。だから本気で相談した時には、本気の意見をくれる。中途半端に悩んでいる事には、中途半端に答えを返しちゃうと思うんだよね。

田邊:確かにね。

辻村:だから自分が本気になればなるほど、他人も本気になってくれるかなと。そう自分も学んだし、生徒も自分の本気を伝えていってほしいなと思います。

◆江口雄也【自分をさらけだせ!】

江口:前の2人に近いところもあるんですけど、自分をさらけだすって事が、生徒のみんなは1番難しいんじゃないかなと思ってるんです。

高村:そうだね。

江口:僕たちもステージ上で、自分の全てをさらけだして音を伝えてるわけで。でも学校に通っている生徒のみんなは、自分を100%さらけだす事って簡単なようで難しい事だと思うんです。時に自分をさらけだすことで、周りから煙たがられたり、それがきっかけでいじめに繋がったりみたいな事もあると思うんです。でも俺はやっぱり自分をさらけだす事が一番大事だと思ってます。田邊先生もよくステージの上で言ってますけど、「100人全員に好かれようとするな。1人の自分を大切にしてくれるヤツとずっと付き合っていけ!」って。俺は本当にその通りだなと思います。生徒のみんなも自分をさらけだす事は怖いかもしれないけど、そこを恐れずにこれからの人生を頑張ってほしいなと思います。

◆田邊駿一【「さよなら」を抱きしめて「さよなら」のその先へ】

田邊:別れのシーズンですね。大好きだった友達、大好きだった先生、大好きだった環境が忘れられず、何か傷付いた時に“あの時は良かった”って思ってしまう。でもそう思ってる時は、絶対に前に進んでいるんですよ。前に進んでいるから新たな壁が出来る。だからこそ悔いることなく前に進んでほしい。さよならを経験したからこそ、絶対に強くなる。さよならっていうのがあるから、その先の一歩が見えるから。いつかさよならした事が自分にとっての財産になる日が来るから。自信を持ってさよならを受け入れて、一歩、明日に向けて前に進んでほしいと思います。

最後に田邊は、「寂しいけどね、今やってる全国ツアー『TOUR 2017 break “THE END”』でいつでも会えるし。ライブに遊びに来てくれたら熱さを共有できると思いますので、待っておりますよ~!」と語っていました。

最終更新:3/30(木) 20:00
TOKYO FM+