ここから本文です

ここまでこだわる!? エマ・ワトソンのファッションが社会派すぎる件を徹底検証

3/30(木) 22:10配信

ELLE ONLINE

全米では既に公開され、日本では4月21日に公開を控えた実写版映画『美女と野獣』。そのプロモーション中にエマが魅せたファッションが、社会派すぎる!と話題に。エマのプロモーション衣装を紹介するInstagramアカウント、@the_press_tourでは、彼女スタイリングチームがファッションへのこだわりを詳細に紹介。環境問題、サステナブル、地産地消、若手支援……そのファッションの込められたメッセージを紹介。

【写真】エマ・ワトソンが『美女と野獣』ツアーで魅せた衣装23連発!

着こなしのテーマ:エコフレンドリー

2017年2月19日

2月19日にプロモーションでパリに訪れたエマの着こなしのテーマは、エコフレンドリー。
 
【エマ・ワトソンチームより 】 
パリの皆さんボンジュール! コートはレザー、皮、羽、毛皮を使用しない世界初のラグジュアリーブランド「ステラ マッカートニー」のもの。その代わりにステラは、再生カシミアやリサイクルされた繊維、オーガニックコットン、フォレストフレンドリーな生地を作るのに数年を費やしたの。トップスは4つのRにこだわるスウェーデンのブランド「フィリッパ コー」のものよ。4つのRとは“リデュース”、“リペア”、“リユース”、“リサイクル”のこと。Tシャツは「ボディウェア」のもの。このブランドは認可済のオーガニックのバンブーを使用し、コンピューター化された3Dニッティングでベーシックアイテムを製作しています。だから生地が無駄になることはないの。またこのブランドの工場は、廃棄物ゼロで水の無駄使いを防止するため、閉ループシステムを用いています。カスタムメイドのベレー帽は「メゾン ミシェル」のもので、オーガニックコットンを使用しているわ。シューズは「Good Guys Don't Wear Leather」。このブランドは、いかなる動物製品も使わないの。

着こなしのテーマ:オーガニック

2017年2月19日

その日の夜は、パリでのプレミアに出席。
 
【エマ・ワトソンチームより 】
日曜日は、『美女と野獣』の最初の上映会だったわ! パリの観客を驚かせて、顔を見て「ボンジュール」が言えてよかった! フランスが舞台のストーリーだし、ベルの生まれた場所だから特別ね。「オスカー・デ・ラ・レンタ」の共同クリエイティブ・ディレクターのローラ・キムとフェルナンド・ガルシアは、この花のジャコビアン刺しゅうが施されたダッチスサテンビスチェをファーストコレクションの一部として製作。オーガニックのシルクで作られたサッシュとオーガニックのウールで作られたパンツもそうよ。

1/2ページ

最終更新:3/30(木) 22:10
ELLE ONLINE