ここから本文です

みんぱくのビーズ展、梅田で特別講座

3/30(木) 7:00配信

Lmaga.jp

京都大学やJAXAといった大学や企業、研究機関などの研究者と一般参加者が一緒に考え、対話するプログラム『ナレッジキャピタル超学校』。「グランフロント大阪」で開催される本企画が、「国立民族学博物館」で開催中の特別展『ビーズ -つなぐ・かざる・みせる』とコラボして4月に連続講座を開校、最終講座では同博物館を見学するツアーもおこなわれる。

2016年度は全72講座が開催されたこのプログラム。今回の講座では、全4回に渡り、世界各地のビーズを紹介するとともにその魅力を追究するという。世界各地の人びとのビーズへの思い、民族による使い方の違い、アイヌ文化におけるガラス玉利用などについて、同博物館の教授らが紹介。会議室での授業形式ではなく、開放感のあるカフェ空間でドリンクを飲みながら受講できるのが特徴の講座だが、5月21日の最終講座では会場を「国立民族学博物館」に移し、特別展示されている世界中のビーズを見学するツアーが盛り込まれる。

対象者は中学生以上で各回500円(1ドリンク込)、最終講座のみ一般350円、高・大学生200円、中学生無料(博物館の観覧料含む)。初回のみ公式サイトで参加受付中で、第2回以降は4月以降に順次受付が始まる。

最終更新:3/30(木) 7:00
Lmaga.jp