ここから本文です

小倉クラッチが2017年体制発表。TGRラリーチャレンジに続き、86/BRZレースに本格参戦

オートスポーツweb 3/30(木) 15:38配信

 さまざまなレースのトップカテゴリーで強化クラッチを提供している小倉クラッチが、2017年の活動体制を発表。今年はラリーに続き、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceへ本格参戦する。

 昨シーズン、小倉クラッチは『TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ2016(全16戦)』へトヨタ86を投入。

 代表取締役社長の小倉康宏をドライバーに、同社自動車技術部課長の髙田高志をコドライバーに起用して参戦し、オリジナルシリーズE-2クラス総合2位という好成績を記録してみせた。

 小倉クラッチは今シーズンもマシン、ドライバーを変更せずにTGRラリーチャレンジに参戦するほか、E-2クラスへもう1台マシンを追加投入する計画だ。

 また、今季から新たに参戦する86/BRZレースには、2016年シーズンのプロフェッショナルクラスチャンピオンの佐々木雅弘を起用。86レーシング後期型をベースとして新規に製作したマシンで挑む。

 車両の製作、メンテナンスはレボリューションが担当。カラーリングはラリーカーではおなじみの黄色い小倉クラッチカラーとなる。

 なお、TGRラリーチャレンジ、86/BRZレースともに今週末が開幕戦。TGRラリーチャレンジは富士山すそので、86/BRZレースはツインリンクもてぎで決勝が行われ、小倉クラッチは“ダブルエントリー”での戦いとなる。

2017年小倉クラッチ レース参戦チーム体制

■ラリー参戦チーム
チーム代表:小倉康宏(小倉クラッチ 代表取締役社長)
参戦カテゴリー:TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ2017
参戦クラス:E-2(Expert)トヨタ86限定
車両メンテナンス:PIT ORC
エンジンメンテナンス:有限会社レボリューション

E-2クラス
車名:小倉クラッチ ORC 86 (トヨタ86)
チーム監督:吉田晋(自動車技術部 部長)
ドライバー:小倉康宏(小倉クラッチ株式会社 代表取締役社長)
コドライバー:高田高志(自動車技術部 課長)

■ワンメイクレース参戦チーム
チーム名称:オグラクラッチwithレボリューション
チーム代表:青木隆(有限会社レボリューション 代表取締役)
参戦カテゴリー:TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2017
参戦クラス:プロフェッショナルクラス
車両メンテナンス:有限会社レボリューション

プロフェッショナルクラス
ゼッケン:1番
車名:小倉クラッチREVO86BS(トヨタ86)
チーム監督:青木隆(有限会社レボリューション 代表取締役)
ドライバー:佐々木雅弘(2016年プロフェッショナルクラスシリーズチャンピオン)

[オートスポーツweb ]

最終更新:3/31(金) 10:01

オートスポーツweb