ここから本文です

ぼんぼり設置、桜開花心待ち 小松芦城公園

3/30(木) 2:47配信

北國新聞社

 小松市は29日、桜の名所として知られる同市芦城公園で、花見用ぼんぼり560個を取り付けた。園内につるされた電球にかさが次々とかぶせられ、来園者に花見の季節間近を伝えた。

 市は今年の桜の開花を例年より3日遅い4月6日ごろ、満開を同13日ごろと予想し、約2万人の花見客を見込む。ぼんぼりは三分咲きとなる同8日ごろから4月中旬まで、午後6~9時に点灯され、ソメイヨシノや八重桜、シダレザクラなど約130本を照らす。

 ぼんぼり点灯期間中、同市公会堂の屋上展望スペースが午後9時まで開放され、眼下に芦城公園の桜を楽しめる。

北國新聞社

最終更新:3/30(木) 2:47
北國新聞社