ここから本文です

女子・芦城3位 春の中学生ハンド

3/30(木) 2:47配信

北國新聞社

 第12回春の全国中学生ハンドボール選手権最終日(29日・氷見市ふれあいスポーツセンター=本社後援)準決勝と決勝が行われ、石川勢は女子の芦城が準決勝で、優勝した大分代表の原川に17―20で惜敗して3位に終わった。

 芦城は昨年の春夏に続く全国大会の決勝進出を狙い、フットワークを生かしたプレーを見せた。しかし、序盤にリードを許し、リズムがつかめないまま前半を終えた。

 後半は開始10分までに高来葵美がミドルシュートで4得点を挙げるなど躍動した。GK井口明日香の好セーブや横山芽来の粘り強いポストプレーで食い下がったが、追いつけなかった。

北國新聞社

最終更新:3/30(木) 2:47
北國新聞社