ここから本文です

花街に春の使者 金沢・ひがし、ツバメ飛来

3/30(木) 2:47配信

北國新聞社

 29日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、日中の最高気温は金沢13・6度、輪島13・3度と、4月上旬並みとなった。春の陽気の中、金沢市のひがし茶屋街では観光客らが上着を脱いで石畳を歩き、花街の春めいた情趣を肌で感じ取った。

 陽春の到来に伴い、ひがし茶屋街には春を呼ぶ渡り鳥のツバメが続々と飛来している。一帯は金沢の市街地で有数のツバメ営巣地とされ、巣作りの下見をするように茶屋の軒から軒へ飛び回る姿が見られた。

 金沢地方気象台によると、30日の県内は本州南岸の低気圧や気圧の谷の影響を受けて曇り時々晴れとなり、夕方から雨が降るところもある。最高気温は金沢、輪島ともに16度を予想している。

北國新聞社

最終更新:3/30(木) 2:47
北國新聞社