ここから本文です

<プロ野球速報>巨人の坂本勇人が超頭脳プレーでピンチを救う!

3/31(金) 19:15配信

THE PAGE

プロ野球が開幕。東京ドームで行われた巨人ー中日戦では4回にWBCに出場した巨人の坂本が超頭脳プレーでチームのピンチを救った。阿部の初回の先制2ラン、3回の追撃タイムリーなどで4点をリードした巨人は4回、先発のマイコラスが、中日の新外国人のゲレーロに2打席連続ヒットを打たれ無死一塁のピンチを迎えた。続く打者は、4番のビシエド。詰まった打球は、ショートへの小フライとなったが、ビシエドのランニングが遅いことを確認した坂本は、これをダイレクトでは捕球せずに、ワンバウンドさせてから二塁ベース近くでキャッチ。すぐさま二塁カバーに入った中井へトスをして6-4-3とわたる併殺打を成立させたのだ。

 これにはゲレーロも打ったビシエドも目を白黒させていたが、インフィールドフライが宣告されない限り、故意落球は許されており、冷静に一塁走者と打者走者の動きを見ていた坂本の超頭脳プレーとなった。結果、走者がなくなり巨人はピンチを脱した。巨人は5回に守りのミスなどで2点を失ったが、その坂本が、その裏一死一塁から、やや詰まりながら右中間の最前列に今季1号2ラン。貴重な追加点で再び4点差とした。

 巨人は8回をマシソン、9回を新外国人のカミネロとつなぎ、中日の反撃を断ち、6-2で開幕白星を飾った。

 試合後のお立ち台には坂本と阿部の2人が呼ばれた。
 キャプテンの坂本は、まず追撃の2ランに触れ、「入るかなあ? とも思ったんですが、いい形で自分のスイングができました」と語り、7回には、完全にジョーダンのモーションを盗み三盗も決めていたが、「走攻守のすべていいプレーみせたいと思って、普段からやっています。すべての面でいいところを見せることができて、ほっとしています」と笑顔を見せた。
 WBC出場からの強行軍となったが、「疲れましたし、4位で残念だったんですが、多くの人が見にきてくれて疲れも吹っ飛んでいいプレーができてよかったです。2年間、優勝ができていません。高橋監督を男にしたいという気持ちで1年間、戦っていきたいです」と声高に宣言した。

 続いてインタビュー受けた阿部は初の開幕アーチとなった。
「300号以上を打っている選手で僕だけが打っていないそうなので。シートノックで耳に突き刺さりました。2000本安打? それは、心の中だけで。勝利のためのヒットを打ちたいと思います」

 オープン戦では最下位。周囲から雑音も聞こえる中での開幕星に高橋監督も「ひとつ勝って、ほっとするのもどうかなと思いますが、ひとつ勝って、ほっとしたのが正直なところ」と笑顔を浮かべた。

「信頼して(阿部に)4番を任せました。その期待に応えてくれた。さすがだなと思った。マギーもオープン戦では苦しんだ感じはあったが、気持ちの面でも、この1本で違ってくればいい。(坂本は)取られた後で大きな一発。勇人(坂本)さすがです。マイコラスは、バックにミスもあったが、なんとか我慢して粘ってくれた。最後のカミネロも落ち着いていた。中井、岡本は、緊張があったのか、本人に聞いてみないとわからないが、その中でヒットも出た。ミスもあったが、次に頑張ってくれればね。優勝することしか目標にない。その第一歩としていいスタートを切れた」

 巨人は明日の第2戦には田口、中日はバルデスが先発する。
   

最終更新:4/1(土) 10:56
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ