ここから本文です

李元簇元副総統を偲ぶ 李登輝氏「補佐役のかがみ」=追悼会/台湾

3/31(金) 15:21配信

中央社フォーカス台湾

(台北 31日 中央社)今月8日に死去した李元簇元副総統の追悼会が31日、台北市内で開催され、当時コンビを組んだ李登輝元総統をはじめ、歴代総統・副総統がそろって出席した。李登輝氏は、先前の李元簇氏の毅然とした態度に触れ、「最高の補佐役の手本」だとたたえた。

李元簇氏は文相や法相などの要職を歴任した後、1990年から6年にわたり副総統に在任。控えめで自身の立ち位置を理解した言動から「声なき副総統」と呼ばれていた。

李登輝氏は追悼スピーチの中で、李元簇氏は「声なき副総統」と形容されていたものの、実際は常に自身の立場を貫くことができたと紹介。周りからの評価を気にせず、権力も恐れず、「顔を赤らめて大声で徹底的に議論し、私心に満ちた人を後ずさりさせていた」と李元簇氏の仕事における厳しい一面を振り返った。

この会には現職の蔡英文総統や陳建仁副総統に加え、陳水扁元総統を除く存命の歴代総統・副総統が全て姿を見せた。

(テキ思嘉、呂欣ケイ/編集:名切千絵)