ここから本文です

“皇帝”プルシェンコが引退 地元テレビで明言 羽生の憧れでありトリノ五輪金メダリスト

3/31(金) 21:01配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケートのトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(34)=ロシア=が31日、現役引退を発表した。

 ロシアのテレビ番組に出演し「私は選手としてのキャリアを終えた。選手としては平昌五輪にいかない。できればコーチとしていきたい」と、話した。プルシェンコは4回転ジャンプを武器に06年トリノ五輪で金メダル、02年ソルトレークシティー五輪と10年バンクーバー五輪では銀メダルを獲得したほか、世界選手権を3度、GPファイナルを4度制し、その圧倒的な存在感から“皇帝”と呼ばれた。ソチ五輪金メダリストの羽生結弦にとっても、幼い頃に髪型をまねしたほど憧れの存在だった。

 度重なるけがを乗り越えて挑んだ14年ソチ五輪の団体戦で腰を痛め、個人戦を棄権。その後、一度は引退を表明したが、その後、撤回。脊椎を手術し、18年平昌五輪出場を目標としていた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ