ここから本文です

敏腕SDモンチ氏、セビージャを退団することで合意 新天地の有力候補はローマか?

3/31(金) 8:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

セビージャに多大な収益をもたらしてきたモンチ氏

セビージャは30日、クラブのスポーツディレクター(SD)を務めていたモンチ氏が退団することで合意に至ったと発表した。なお、31日にクラブの会長であるホセ・カストロ氏とともに記者会見へ出席し、詳しい説明を行うとのことだ。

1999年までセビージャでプレイし、現役引退後にクラブのSDへ転身したモンチ氏。下部組織の強化や選手の発掘に尽力し、ダニエウ・アウベスやイヴァン・ラキティッチ、清武弘嗣らの獲得に貢献したとされる。そして、売却時には獲得金額の倍以上の値で選手を放出するなど、クラブに多大な収益をもたらしている。

長きに渡り、セビージャを陰ながら支えてきた敏腕SDの退団。同クラブにとって、大きな痛手となるだろう。レアル・マドリードなども彼の腕を買い、獲得を目指していたようだが、いくつかのメディアによると、3年契約を提示しようとしているローマの幹部入りが有力のようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合