ここから本文です

氷見市 キッチンカーで食文化発信/富山

3/31(金) 9:46配信

チューリップテレビ

 氷見市では、氷見の食文化を広く発信しようと、調理設備を完備した車、キッチンカーを導入し30日から市内を巡回しています。

 氷見市役所では30日、完成したキッチンカーが、はじめて披露されました。
 この車は氷見市が、氷見の食文化の普及を目的として導入したもので冷蔵庫やガスコンロのほか、海の幸を新鮮なまま運べるように冷凍庫や製氷機も完備されています。
 車体には氷見の豊かな海と里山がデザインされています。
 キッチンカーは市の観光協会や食育ボランティアグループ「キトキトごはん氷見」などの団体が活用していく予定で市内外で子供向けの食育活動や、特産品の販売・PR活動などを行ないます。
 30日はさっそく、ひみ番屋街やスーパーなどをまわりました。
 氷見市では、近年水産関連の事業者数の減少が課題となっています。
 市では、その対策として地元の水産物の消費拡大を目的とした「魚食文化(ぎょしょくぶんか)リーディングプロジェクト」を去年8月から推進していて、キッチンカーはその取り組みの一環でもあります。
 氷見市ではキッチンカーの具体的な活用方法については今後も引き続き検討し、氷見の食文化の発信につなげたいとしています。

チューリップテレビ