ここから本文です

イグアインほどのストライカーもメンタルに問題あり 名FWクレスポ氏が指摘「テクニックには疑問ない」

3/31(金) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

大事な場面で外すシーンも

現在ユヴェントスでプレイするアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、世界を代表する点取り屋だ。しかし、大事な場面で簡単なシュートをミスしてしまうケースも目立つ。例えば2014ブラジルワールドカップ決勝のドイツ戦では、序盤にGKとの1対1を豪快に外してしまっている。イグアインほどの選手ならば決められたはずだ。

やはりアルゼンチンは”メッシ頼み”か

さらにその翌年のコパ・アメリカ決勝のチリ戦でもPKを失敗。この失敗でイグアインは戦犯と扱われ、批判を受けている。セリエAのシーズン得点記録まで塗り替える男がなぜこれほど重要な場面で外してしまうのか。元アルゼンチン代表FWのエルナン・クレスポ氏はメンタル部分の問題が大きいと考えている。

伊『TuttoSport』によると、同氏はイグアインの技術には問題がないと主張。決勝戦や大事な場面で外してしまうのはメンタル部分に問題があるからだと指摘している。

「なぜそうしたことが起こるか?心理面に疑問があるね。イグアインのテクニックには疑問がない。だけど、このようなシチュエーションは連鎖反応のようなものだと思う。イグアインがエラーを乗り越えるメンタルの質を持っているか考えないといけない。テクニックではなく心理的な問題だよ」

イグアインほどのストライカーもメンタル部分には問題を抱えており、大一番では本来の実力を出せなくなってしまうのかもしれない。スポーツの世界では時に技術以上にメンタルが重要になることもあり、これはイグアインの課題と言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/