ここから本文です

京阪「プレミアムカー」8月20日サービス開始 座席指定、アテンダント乗務

3/31(金) 11:48配信

乗りものニュース

電源コンセント、Wi-Fi完備

 京阪電鉄は2017年3月30日(木)、座席指定の特別車両「プレミアムカー」を組み入れた8000系電車を8月20日(日)から運行すると発表しました。

【表】「プレミアムカー」の各駅間利用料金

 全10編成において、大阪側から3両目、京都側から6両目の6号車に「プレミアムカー」を連結。毎日朝6時台(平日上りは7時台)から夜22時台まで、特急などとして昼間は1時間あたり最大上下各4本が運転されます。

「プレミアムカー」は40席です。オリジナルのリクライニングシートを2+1列で配置。ノートパソコンを使うときに便利な大きめのテーブル(一部の席を除く)や電源コンセント、フリーWi-Fi、空気清浄機が完備されます。大きな荷物を置けるラゲッジスペースも用意されます。

 さらに専属アテンダントが乗務。乗客の出迎えや見送り、観光案内など、きめ細かなサービスが提供されるといいます。

利用には「プレミアムカー券」が必要

「プレミアムカー」を利用するには、乗車券に加え「プレミアムカー券」が必要です。淀屋橋~京橋から京都方面へ乗る場合、樟葉までは400円、中書島より先までは500円。出町柳~中書島から大阪方面へ乗る場合、枚方市までは400円、京橋より先までは500円です。

「プレミアムカー券」は、8月初旬開設予定のウェブサイト「プレミアムカークラブ」または特急停車駅にて乗車14日前から購入できます。

 京阪電鉄は「京阪特急の次代を拓(ひら)く新サービス『プレミアムカー』にどうぞご期待ください」としています。

乗りものニュース編集部