ここから本文です

プレミアムフライデーライブにデビュー10周年を迎える青山テルマが登場!

3/31(金) 22:58配信

トレンドニュース(GYAO)

2度目のプレミアムフライデーと重なった3月31日、千代田区紀尾井町のヤフー本社で行われた「プレミアムフライデーライブ」に歌手の青山テルマが来場。アコースティックライブ形式で代表曲「そばにいるね」などを披露し、午後の余暇を楽しむ観客を魅了した。

月末金曜日はGYAO! 独占! 人気アーティストのオリジナルライブを生配信『プレミアムフライデーライブ』>>

映像配信サービス「GYAO!」は、3月31日より毎回1組の豪華アーティストがライブパフォーマンスを披露する「プレミアムフライデーライブ」の開催を決定。このイベントは、月末の金曜日、通常よりも早めの退社を促す「プレミアムフライデー」の取り組みの一環として、毎月末の金曜日17時から音楽ライブイベントを実施するというもの。そしてその模様は「GYAO!」で無料生配信されることとなっている。

そして今回、「プレミアムフライデーライブ」第1弾アーティストとして白羽の矢が立ったのは、「そばにいるね」などで知られる青山テルマ。20代から30代を中心とした仕事帰りの男女約30名からなる招待客の前で青山は「そばにいるね」「stay」「ずっと」「smile for me」など4曲を披露、透き通った歌声で会場を魅了した。

オフの過ごし方について聞かれた青山は「わたしにはパリピ(パーティー・ピープル)みたいなイメージがついているかもしれませんが、実はお酒も飲めないし、どちらかというと、すぐに家に帰ってパジャマに着替えて、ひたすら家で寝ているタイプなんです」と意外な素顔を明かすと、「わたし、サバサバ女子と言われることが多いんですけど、実はバサバサなんですよね」と笑ってみせた。

この日は青山のライブに初めて参加したという人が多く、その歌声にじっくりと耳を傾ける観客を前に、「大人っぽいというか、品のいいお客さんが集まるのは久しぶり。普段のライブは治安が悪いんですけど、今日は久しぶりにガヤが入らずに歌えます」とジョークを交えて笑ってみせた青山。最近はバラエティー番組に出演する機会が多く、若いファンが増えてきたそうで、「街を歩いていても、普通に『ヤッホー!』『元気?』といった感じで声をかけてくるんです。でもそれはそれでいいというか。昔は『すみません...。もしかして青山テルマさんですか?』という(距離があった)感じだったのが、今はフランクに話しかけてもらえるような関係性になった。バラエティー番組に出たことで、普段とのギャップがなくなった。楽になったし、良かったなと思いますね」と満足げな表情を見せた。

2007年9月5日にシングル「ONE WAY」でデビューした彼女は、今年はデビュー10周年という節目の年となる。「あっという間という感じですね。まわりの人に支えてもらったことも多かったので、いい10年だったと思いますね」としみじみ付け加える青山だった。