ここから本文です

大阪市営地下鉄の駅売店、順次「ローソン」に 看板には専用ロゴ

3/31(金) 15:19配信

乗りものニュース

3月28日に4店舗、4月10日に5店舗オープン

 2017年3月から8月上旬にかけて、大阪市営地下鉄の駅にある売店が、「ポプラ」「ファミリーマート」から「ローソン」に変わります。

 対象は44店舗。3月28日(火)には、谷町線の天満橋駅(南改札付近)、天王寺駅(北改札付近)、駒川中野駅(西改札付近)、千日前線の谷町九丁目駅(東改札付近)にある4店舗がオープン。続いて4月10日(日)には、御堂筋線の難波駅(北改札付近)、四つ橋線の肥後橋駅(南改札付近)と北加賀屋駅(西改札付近)、中央線の森ノ宮駅(東改札付近)、堺筋線の北浜駅(南改札付近)の5店舗がオープンする予定です。

 ローソンは出店する大阪市営地下鉄7路線のイメージカラーを使用した駅ナカ店舗専用ロゴを新たに作成。店舗の看板や一部商品のパッケージに使用します。

 店は年中無休で、営業時間は朝6時から夜23時までです。

乗りものニュース編集部