ここから本文です

「第1回ツール・ド・とちぎ」第1Sはサルバドール・グアルディオラ・トーラが制す

3/31(金) 18:39配信

AbemaTIMES

 栃木県全域を舞台とした初のサイクルロードレース「第1回ツール・ド・とちぎ」の第1ステージが3月31日に行われ、サルバドール・グアルディオラ・トーラ(チーム右京)が制した。

 14チームが参加して行われた第1ステージでは、41キロ地点にある1つ目の山岳ポイントで約3分差をつけ抜け出した14人が逃げる展開に。最後まで逃げ切った13人のうち、ゴール前で、集団の右側からすっと抜け出したサルバトール・グアルディオラ・トーラに対し他の12人が見合ってしまい、スパートが成功する形となった。上位3選手の成績は以下のとおり。

 1位 サルバドール・グアルディオラ・トーラ(チーム右京) 2位 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) 3位 ベンジャミン・ヒル(アタッキ・チーム・グスト)

最終更新:3/31(金) 18:39
AbemaTIMES