ここから本文です

巨人マギーが2打席目に初安打初打点 阿部は2打席目も適時打で3打点

3/31(金) 19:03配信

Full-Count

初回には阿部の2ランで先制、3回に4点差に広げる

 巨人の新助っ人ケーシー・マギー内野手が31日、開幕戦・中日戦(東京D)に「5番・三塁」で先発し、3回の第2打席で初ヒットとなるタイムリーを放った。巨人は4-0でリードを広げている。

 巨人は初回に阿部慎之助内野手が中日先発・大野から先制2ラン。さらに、3回は2死一、二塁の好機で阿部がセンター前にタイムリー。頼れる4番打者が2打席目で早くも3打点とした。

 さらに、続く5番マギーはカウント1-1から直球を左中間に運び、タイムリーツーベース。巨人での2打席目で初安打初打点を記録した。この試合はマギーがスタメンで、村田がベンチスタートとなっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/31(金) 19:03
Full-Count

スポーツナビ 野球情報