ここから本文です

世界遺産「平等院」表参道に、宇治初のスターバックスがオープン

3/31(金) 19:00配信

Lmaga.jp

京都府宇治市内では初となる「スターバックス コーヒー 京都宇治平等院表参道店」(宇治市宇治蓮華)が3月31日、世界文化遺産「平等院」の表参道にオープンした。

たくさんの観光客が行き来する表参道沿いの新店舗は、入り口に立つ大きな松が目印。落ち着いた色合いの家具でまとめられた店内は一面ガラス張りで天井が高く、周りの庭の景色を余すことなく眺めることができる。店舗の立地はもともと庭付きの駐車場で、表参道沿いには喫茶店の「あづまや」があった。スターバックスが店舗を作っていくうえで大切にしていることはロケーションと周辺環境の調和。駐車場にあった庭はそのまま活かし、「あづまや」があった場所には屋根とベンチを置いて憩いの場として残した。

家庭、職場・学校などに次ぐ第3の生活拠点、「サードプレイス」を提供するのが「スターバックス」の大きなコンセプト。店長の杉江美幸さんは、「この店でちょっと一息できる自分だけの特別な場所としてくつろいでいただければ、何よりうれしい。普段から観光客をもてなす側にいらっしゃる地元の方たちのサードプレイスとして、おもてなしできれば」と語る。縁側のような空間に仕上げられたテラス席からは、「平等院」の四季折々の木々がたっぷりと堪能できる。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:3/31(金) 19:00
Lmaga.jp