ここから本文です

オリックス・宮内オーナー、惜敗にもミス連発に怒り頂点!「惜しい負けはない」

デイリースポーツ 4/1(土) 5:00配信

 「オリックス4-6楽天」(31日、京セラドーム大阪)

 勝利以外は総帥のお気に召さなかったようだ。

 オリックスは4点差を追いつきながら、延長十一回に6番手のドラフト8位・沢田(立大)がペゲーロに2ランを浴びて力尽きた。開幕戦は球団ワーストの6連敗となった。

 「疲れた。負けは負け。惜しい負けはない。若手は頑張ったけど負けてるから。毎日勝っていかないと」と宮内オーナーは粘りを評価することはなかった。それどころか「守備はなんですか。エラーにならないミス。ボーンヘッドも合わせていくつありましたか。結果が全て」と時間を追うごとにエキサイトしていった。

 確かに序盤は昨年のVTRを見ているようだった。エース・金子は力みから制球が定まらず5回4失点。三回には小谷野の悪送球、西野の失策で2失点。攻撃でもバント失敗が目についた。

 それでも三回の攻撃前に円陣を組んだあたりから変わった。福良監督自ら「ホーム開幕で硬くなるのは分かるけど、もうちょっとリラックスしていけ」と鼓舞。五回に代打・伊藤の適時打、安達の2点三塁打で1点差に迫ると、七回にはT-岡田の本塁打で一時は振り出しに戻した。宮内オーナーは同点弾を「あれはよく打った」と褒めたが、それだけだった。

 2月のキャンプ視察で「最下位が順調だったら、また最下位になる。クレイジーなキャンプやってるなら別だけど」と“クレイジー化”を要求した総帥。納得してもらうためには勝利を重ねるしかない。

最終更新:4/1(土) 5:00

デイリースポーツ