ここから本文です

【浦和】移籍2年目のDF遠藤、レッズで初得点「長かったですね」

スポーツ報知 4/1(土) 22:07配信

◆明治安田生命Jリーグ J1第5節 神戸1―3浦和(1日・ノエビアスタジアム神戸)

 浦和は1日、アウェーで神戸と対戦し、3―1で勝利した。日本代表DF遠藤航は後半19分、MF柏木陽介の左CKを頭で合わせ、チーム2点目を決めた。湘南から移籍2年目、浦和でのリーグ戦初得点を記録した。

 「長かったですね。セットプレーで取れたのは、自分にとっても、チームにとっても大きいと思います。昨年もチャンスはありましたが、なかなか決めきれませんでした。とりあえず1点取れてよかったです。陽介さんがいいボールを上げてくれました」。

 浦和は08年から昨季までアウェーの神戸戦を2分け6敗と未勝利だった。遠藤は、3バックの中央で先発し、後半37分からはボランチでプレー。首位撃破に貢献した。「ここから連勝していきたい。点は取れているので、0点で抑えることを意識していきたい」と話した。

最終更新:4/1(土) 22:07

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合