ここから本文です

「勝敗が決まるまで、と」 和田が指揮官の期待に応え、ソフトBが白星発進

4/1(土) 7:31配信

Full-Count

先発のエース和田が快投、8回のマウンドにも「躊躇なくいかせた」

 緊張感が途切れることなく、開幕戦にふさわしい好ゲームとなった。福岡ソフトバンクが31日、千葉ロッテを3-1で下して2017年の第一歩を踏んだ。

2017年、各球団の開幕1軍メンバー一覧

 和田と涌井によるエース対決。予想通り、といった投手戦が展開された。涌井は初回、2回と2安打ずつを許したが無失点で切り抜けると、3回から6回まで無安打投球。和田も6回まで1安打に抑えるなど、安定感を見せつけた。

 試合が動いたのは7回。千葉ロッテ・角中、パラデスの連打もあって1死一、二塁とすると、新外国人のダフィーが右前適時打を放って先制。オープン戦13勝2敗3分と絶好調だった千葉ロッテが、均衡を破った。

 だが、ここからの和田の踏ん張りが、勝利を手繰り寄せた。さらに2死満塁とされ、打席には中村の代打・井口。経験豊富な大ベテラン。「あそこで抑えたら最高。打たれたら負けると思って投げました」。カウント2-2からの渾身の直球に相手のバットが空を切り、空振り三振。クールな左腕が、珍しくガッツポーズで喜んだ。その姿に奮い立ったかのように、その裏の7回1死一、二塁で松田。WBC帰りの頼れる男が中前適時打で同点とした。

 和田は8回も続投。「躊躇なくいかせた。和田君の開幕ゲーム。勝敗が決まるまで、と思っていた」と振り返った工藤監督の期待に応えるように、結局8回1失点。直後の攻撃、1死二塁から本多の中前適時打、柳田の左翼への犠飛で一気に2点が加わり、これで勝負が決まった。

リベンジの2017年、和田「昨年の悔しさを晴らすために」

 勝ち越し打の本多の当たりは浅いセンター前。これで本塁まで帰ってきた上林の走塁も大きかった。同時に送球もそれたことで本多が三塁に到達し、犠飛が生まれた。スキを逃さないそれぞれのプレーが実を結んで勝ち取った白星だ。

 悪夢の1年からの再スタート。2016年、6月にもマジック点灯の可能性もあったという独走状態から、終盤に北海度日本ハムに追い抜かれ、3連覇を逃した。チームは千葉ロッテに在籍していたデスパイネを獲得。柳田、内川、デスパイネで中軸を固め、一発のある松田を恐怖の7番に据える。6番に好打者の中村晃が座り、今宮、本多、そしてこの日、スタメンを勝ち取った上林らがかき回す。打線が一段と厚みを増した。

 攻撃だけではない。この日好投した和田を中心に、WBCで大活躍の千賀、武田、バンデンハークがいる。昨年のセーブ王・サファテはこの日もしっかりと試合を締め、今年も守護神として存在感を発揮してくれそうだ。

 和田はヒーローインタビューで誓った。「今年こそ、昨年の悔しさを晴らすためにやっていきます」。無念の思いを歓喜に変えるため、リベンジの2017年が始まった。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:4/1(土) 7:31
Full-Count