ここから本文です

JR蘇我駅東口に商業施設 スーパーや保育所順次開業 JFE

4/1(土) 12:11配信

千葉日報オンライン

 JFEスチールは1日から、同社グループで所有するJR蘇我駅東口最寄りの敷地に、複合商業施設「フォルテ蘇我」を順次開業する。スーパーやドラッグストアなど6店舗が入居するほか、同社従業員に加え地域住民も利用できる事業所内保育所「うみかぜ南町保育園」が入る。

 同施設は、同社独身寮と2015年に閉場したボウリング場・JFE千葉リバーレーンの跡地(約1万4440平方メートル)を活用。敷地を一括して食品スーパーチェーンのベルク(埼玉県鶴ケ島市)に貸し出し、同社が商業施設として開発・運営する。

 核店舗となるスーパー「ベルク」は5日に開業。ドラッグストア「マツモトキヨシ」、100円均一ストア「ダイソー」、マッサージ店、理容室は21日にオープンする。歯科医院も入るが開業時期は未定だ。

 事業所内保育所はスーパー2階に入り、1日に開園する。一般的な設備に加え、JFE製の磁石がつくステンレス鋼板を使い、海と空をイメージした遊べる壁面を設けたのが特徴だ。

 定員50人のうち12人分は同社従業員以外の地域住民用の枠とした。同社グループの事業所内保育所で利用枠を地域に開放するのは初という。

 開園に先立ち31日に開かれた開所式で、北野嘉久・同社東日本製鉄所長は「リバーレーンなどの跡地を活用した新たな地域貢献ができないかと考え、地域開放型の保育所にした」と狙いを説明。来賓の熊谷俊人市長は「まだまだ保育所が必要な中で地域枠を設けてもらえたのは心強い」と歓迎した。