ここから本文です

ドリブル、スピードはワールドクラス! マンCFWが自覚する欠点は「15、6得点は決めないと」

4/1(土) 18:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

足りないのは得点力

マンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングは、今季からチームを率いるジョゼップ・グアルディオラの下で重要な役割を担っている。昨季はやや苦戦していたものの、今季はお得意のドリブルでサイドを何度も崩しており、良い時のスターリングに戻ったような感もある。

あのカンテをも上回る!? タックル、インターセプトで”チェルシーの怪物”と競り合う男とは

しかし、本人は今の状態に納得していない。英『The Guardian』によると、スターリングはもっと得点を奪える選手になる必要があると感じているようで、それがリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドなど世界トップレベルの選手の領域にたどり着く条件と考えている。

「僕はもっと多くの得点を決めないといけない。今15~16点は取る選手になるべきだし、僕の求める選手になるためにはそれをする必要がある。ゴールは僕を世界最高の選手の1人に引き上げることになるはずだよ」

今季のスターリングはリーグ戦でチーム2位となる6得点を挙げているものの、今のところはスピードを活かしたドリブルが得意な選手といったイメージが強い。得点力を身につけられればさらに恐ろしい選手になるだろう。最近はウイングの選手でも毎試合のように得点を決めてくるケースが増えているが、スターリングもそうした選手になれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/