ここから本文です

ラベッシ、アグエロ、イグアインはもう代表にいらない! 超豪華な攻撃陣にもサポーターの怒り爆発

4/1(土) 21:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

満足な結果残せず

リオネル・メッシがいないと勝てない。最近のアルゼンチン代表はそう言われても仕方がないパフォーマンスを見せてしまっている。先日の2018ロシアワールドカップ南米予選のボリビア戦にも0-2で敗れてしまい、現在は予選で5位と苦戦中だ。ライバルのブラジル代表がすでにワールドカップ出場を決めたことを考えると、アルゼンチンは大きく躓いている印象だ。

イグアイン、アグエロらいるのにチーム得点数が下から3番目……

当然アルゼンチンのサッカーファンも選手たちのパフォーマンスに納得していない。スペイン『MARCA』によると、サポーターはこれまでアルゼンチンを引っ張ってきたセルヒオ・アグエロやゴンサロ・イグアイン、エセキエル・ラベッシら豪華な攻撃陣にも不合格と厳しい評価を下しているようだ。

同メディアが伝えたアルゼンチン『Ole』のアンケートでは、ラベッシがチームに不要と答えたサポーターが88%。アグエロは86%、イグアインも73%と上位を自慢の攻撃陣が独占している格好だ。彼らはすでにサポーターが求める選手ではなくなっており、最近の低調なパフォーマンスで信頼を失ってしまっているようだ。

一方、代表でプレイしている姿を見たいのは誰かとのアンケートで最多の票を集めたのはパウロ・ディバラで92%だった。攻撃陣も世代交代の時期にあるのかもしれないが、アルゼンチンはここからどう復活するつもりなのか。世界最高の攻撃陣を抱えるはずのチームが大きな問題を抱えてしまっている。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合