ここから本文です

OP戦勝率1位のロッテ、ミス相次ぎ連敗スタート 伊東監督「しょうがない」

4/1(土) 17:30配信

Full-Count

打線も8回までわずか3安打「力が入り過ぎ」「空回り」

 ロッテは1日のソフトバンク戦でミスが相次いで、開幕連敗スタートとなった。

 8回までゼロ行進。9回に1点を返すのがやっとで、伊東勤監督は「点が取れないと話していたけど、先に点を与えてしまったので、1点が重かった。なんとか1点と逆に力が入り過ぎた。空回りしたところがあった。ミスはつきもの。しょうがない」と振り返った。

2017年、各球団の開幕1軍メンバー一覧

 まず初回だ。先頭の荻野貴が右前安打で出塁。続く清田が中前に落ちようかという当たりを放ったが、中堅の柳田がキャッチ。スタートを切っていた荻野が戻れず、併殺となり、チャンスを逃した。

 その裏の守備でもミスが出た。無死一塁から本多がバント。小フライとなった打球を、捕手の田村はバウンドさせてから捕球。二塁も刺せるタイミングだったが、一塁へ送り、犠打に。柳田の二ゴロの間に走者は三塁へと進むと、先発の西野が内川に先制の適時打を浴びた。

 追加点の場面もミスが絡んだ。4回無死満塁で、松田は遊ゴロに。本塁も刺せるタイミングだったが、遊撃の中村が二塁での併殺を狙った送球が悪送球に。一気に2点を失う失策に、ベンチの指揮官の口も開いたまま塞がらなかった。

 オープン戦トップの勝率を誇ったが、この日も打線は8回までわずか3安打。チャンスも少なく、指揮官は「真っすぐを打ちきれない。それは去年とあまり変わっていないかな、と。打って流れを良くしないと。明日は意地でも1つ勝って、(千葉に)帰らないと流れが悪くなる」と語った。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/1(土) 17:30
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 23:50